西郷どん味噌鍋の素_好評発売中高千穂峡白だし_おでん味噌汁_イメージ

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介


地域未来牽引企業

2018宮崎県成長期待企業



オンラインショップ

醤油豆知識

 おいしいだけじゃないほっとした顔人差し指醤油の効用ぴかぴか(新しい)

チューリップ主な効果は6通りチューリップ

1消臭効果・・・・・・醤油の中のアミノ酸の一種、メチオニンが変化したメチオノールという物質の働きにより、魚などの生臭さをとる効果があります。お刺身など、醤油をつけて食べるのは、味だけでなくこの生臭みを取るという働きも利用しています。

2加熱効果・・・・・・蒲焼きや焼き鳥などの食欲をそそる香りは、醤油の中のアミノ酸と砂糖やみりんなどの糖分が加熱によりアミノカルボニル反応を起こし、メラノイジンという芳香物質ができる為だそうです。また、このアミノカルボニル反応は、照り焼きなどの美しい照りを出す働きもあるそうです。

3静菌効果・・・・・・醤油の中には、適度な塩分やアルコール、有機酸などが含まれているため、大腸菌などの増殖を止めたり、死滅させる効果があります。佃煮や醤油漬けなどは、この効果を利用しています。

4対比効果・・・・・・甘い煮豆の仕上げに少量の醤油を加えると甘味がよりいっそう引き立ちますが、このように一方の味が強く他方の味がごくわずかな場合、主体の味がより強く感じられるのがこの対比効果です。

5抑制効果・・・・・・浸かりすぎた漬け物や塩鮭など、塩辛いものに醤油をたらすと塩辛さが抑えられますが、これは醤油に含まれる有機酸類に塩味をやわらげる力があるためです。このように混ぜた時に 一方あるいは両方の味が弱められる事を抑制効果といいます。

6相乗効果・・・・・・醤油の中のグルタミン酸と、鰹節の中のイノシン酸が働きあうと深い旨味が作り出されます。このようにまぜ合わせる事により、両方の味が共に強められる事を味の相乗効果と呼びます。例として、天つゆやそばつゆなどがあります。

                                                ( しょうゆ情報センター調べ)


以上、醤油の効用あれこれでしたチュー


トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/2757