2019_謹賀新年西郷どん味噌鍋の素_好評発売中高千穂峡白だし_おでん味噌汁_イメージ

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介


地域未来牽引企業

2018宮崎県成長期待企業



オンラインショップ

製造部より Part6

いつもヤマエ製品をご愛顧頂きありがとうございます。
 めっきり もみじ 秋らしくなりました。
スーパーの店頭や道の駅など季節の果物や農産物がたくさん積まれ
  収穫のハロウィン  実りの なんだなぁ と実感します。
いろんな所で祭りや催し物が開催され、1年で一番賑やかで過ごしやすい時期なのではないでしょうか。
春の種まきで豊作を願って祝い、夏の盆踊りで少し「はめ」をはずし、秋の収穫を祝ってお祭りをする。
これが農耕民族の日本人の大きな時間の流れではと思います。
そこに物事に「感謝する」という気持ちが生まれたのではと思います。
私自信も、休みを利用して先々週は 稲刈り、今回の休みは稲落し(脱穀作業)を行いました。
借りた田んぼで田植えから収穫までの管理もしてますので多少は苦労が分かり、
買ったほうがいいよねと思うことがあります。
が、収穫できれば気持ちは来年の準備のことを考えています。まずは雨雨や晴れお日様に感謝です。

 以前、仕事で宮崎県北部の高千穂町に行き、自家醸造味噌をグループで製造をしている所にお邪魔して話を伺う機会がありました。畑の隅っこ(畦みたいな所)に大豆の種を蒔きそれを収穫し、麦や米で麹を作りそれを仕込む、ちょうど米等の収穫が一段落した頃の11月位から始まるのではないでしょうか。
「寒仕込」と話されておりました。土地も収穫したものも無駄にしていないなと感心したものでした。

 製造部でも今、味噌や醤油を懸命に仕込んでおります。
醸造業にとって一番季節の良いときで、麹作りや醗酵などに最適な温度に近い時期だと思います。
出来上がった製品も数ヶ月したら市場に出まわりますので、お店などで出会いが有りましたら、
又宜しくお願い致します。
 寒暖の差が大きく体温調整の難しい時期ですが、体調管理には十分ご注意ください。
 今後ともヤマエ製品宜しくお願い致します。


トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/3186