九州麦味噌鍋の素201904_高千穂峡つゆ201904_おにぎり豚味噌

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介




地域未来牽引企業

2018宮崎県成長期待企業

業務用バナー


オンラインショップ

頑張れ宮崎!-食料自給率と物産展に関する調査結果

 農林水産省は8月11日、2008年度の食料自給率を発表した。
食料自給率は、国内で消費される食料のうち、どの程度を国内の農業生産でまかなえているかを
示す指標である。
2008年度の食料自給率(カロリーベース)は、前年度から1ポイント右斜め上 増加し41%となった。
食料自給率がわずかながら引き上げられた背景としては、
 (1) 砂糖の原料となる沖縄県などのサトウキビが台風の被害を免れ豊作だったこと、
 (2)米の生産調整(減反)強化を受け、転作作物である大豆の作付けが東北、九州地方で増えたこと、
 (3)国際的な穀物価格高騰のあおりで高値となったチーズや食用油の原料用大豆の輸入が減少したことを挙げている。また、品目別の食料自給率(カロリーベース)に着目すると、
ヤマエ食品の味噌や醤油の主原料にもなっている大豆については、29%であった。
(ちなみに品目別で最も高かったのは、米 ススキ96%

日本の食料自給率は現在、主要な先進国の中で最低の水準となっている。
(例えば、アメリカ 米国128%フランス フランス122%ドイツ ドイツ84%イギリス 英国70%
このような状況下、日本政府は、2015年度に食料自給率を45%、長期的には50%に引き上げる
目標を掲げている。

 なお、都道府県別の食料自給率の数値は、2007年度(概算値)が農林水産省の統計では
最新の統計になるが、我が宮崎県は56%であった。
また、九州全体では唯一佐賀県が102%と100%を右斜め上 超えている状況であった。
ちなみに、最も高い水準となったのは、北海道の198%、最低は、東京の1%である。
宮崎県は、食料自給率では、まだまだ向上の余地のあるものの、嬉しい調査結果もある。
あるインターネット調査会社が2008年10月に実施した物産展に関するアンケートでは、
「物産展といえば、どの都道府県をイメージするか(複数回答形式)」との問いに対して、
「北海道」(91.0%)「沖縄県」(40%)「鹿児島県」(17.3%)に続き、
我が「宮崎県」4位(16.7%)にランクインしている。
この結果には、東国原宮崎知事によるPR活動も大きく貢献していると考えられるが、
ヤマエ食品も、宮崎の美味しい食を全国の皆様の食卓にお届けすべく、日々努力する所存である。


トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/2951

コメント

がんばってね!かげながら応援してま~す
南九州のYUUになれ!

  • Posted by 元甲子園球児
  • at 2009/08/18 09:28:59

心強いコメント有難うございました(^^)v
篤姫効果でしょうか、鹿児島県を追う形となっています。東国原知事にはもう少し宮崎でがんばって頂き、知名度アップを目指します。(^o^)丿

  • Posted by nomura
  • at 2009/08/21 11:25:02

コメント入力欄

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。