今日のわたしのドレッシングFD高千穂峡つゆ_bnr日向夏ぽん酢_TOP

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介


奨学金支援
地域未来牽引企業
2018宮崎県成長期待企業

オンラインショップ

奇妙な仕草。

中学校で、「自分が あかちゃん 生まれた時から幼少の事を、親に話を聞いてくる」という課題が出て、
生まれた時の体重・身長・頭囲、出産の事、病気、好きなおもちゃ、遊び等色々な質問がありました。
あの あっかんべー キカンタロー(次女)も小さい頃がありまして、今よりは リボン  女の子らしく、                                   お姫様  お人形遊びが大好きで保育園に居る時は、いつも人形をおんぶしていたそうです。                              家では、ぽぽちゃん(人形)が大好きでいつも一緒。                                      1才の バースデー 誕生日を迎える月から卒園まで、4年半ほど通いました。                                                                            まだ1歩も歩けなかった時から預けて、ある日夕方迎えに行ったら、「今日、足 歩きましたよ。」                       と言われ、うれしい反面 うれしい顔 「初めの一歩見たかったなぁ」とちょっと残念な複雑な気持ちでした。                           保育園の遊びで、パンツいっちょ(パンツ1枚の事)の自分自身をキャンパスに アート ボディーペインティングをした時は、すごく、嫌がって泣いて 涙 参加を拒んだ事もあったそうです。                        「嫌なものは嫌 バツ 」と、ハッキリしていて、今でも融通の利かないところもあります。
幼少の頃、彼女にはとてもおもしろい癖があり、洋服やタオルなどの毛玉を、耳の辺りに持っていき、   耳に掛かる髪の毛によく、飾りのように毛玉が付いていました。                               いつの間にか、その癖は消えてしまい、本人に話すと、「知らん、覚えてない」と チュッ 照れてます。                                          残念ながら、その頃の奇妙な仕草の ビデオテープ ビデオ、 カメラ 写真が残っていないのです。                                  しかし、私の母や妹は「あれは何だったのだろう?」と今でも時々話題に出ることがあります。 question exclamation
トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/1544