new空飛ぶDR201904_高千穂峡つゆ201904_おにぎり豚味噌

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介




地域未来牽引企業

2018宮崎県成長期待企業

業務用バナー


オンラインショップ

バン・クライバーン国際ピアノコンクール

6月7日(日本時間8日)アメリカ・テキサス州で開かれたバン・クライバーン国際ピアノコンクールで、
全盲の日本人ピアニスト、辻井 伸行さん(20歳)が日本人として40年ぶりの決勝進出し、
初の盲目の優勝、アジア出身者でも初めての優勝者となるそうです。
バン・クライバーン国際ピアノコンクールは、フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール
ベルギー・エリザベート王妃国際コンクールチャイコフスキー国際コンクールと共に、
4大国際音楽コンクール一つです。
辻井 伸行さんは、生まれつき全盲で、2歳の時突然、母親が口ずさんでいた「ジングルベル」を
おもちゃのピアノで 楽譜 奏でたことがきっかけとなり、4歳からピアノレッスンを受け、
最年少の7歳で全日本盲学生コンクール、ピアノ部門で優勝。

辻井さんは、「本当にびっくりしています。精神的にもきつかったのですが、最後まで気を抜かずに
頑張ることができました。持っている力をすべて発揮し、みなさんに感動してもらえてうれしいです。
両親に感謝しています。」と語られていました。

ハンディを感じさせない努力と感覚、そして、ご両親の深い愛情が
辻井さんの才能を大きく花開かせたのだと思います。
帰国後の記者会見では、「カラオケ カラオケ に行き、氷川きよしさんの歌をよく歌うとか、
コンクール前には、炎のレッスンを受けました。」と答えるなどお茶目な一面を見せてくれました。

 


トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/2799