今日のわたしのドレッシングFD高千穂峡つゆ_bnr日向夏ぽん酢_TOP

ヤマエ食品の歌

みなさまに愛されているヤマエ食品の歌をご紹介


奨学金支援
地域未来牽引企業
2018宮崎県成長期待企業

オンラインショップ

立秋の候

 

 いつもヤマエ製品をご愛顧頂きありがとうございます。

毎日 日本全国猛暑日が続いておりますがお変わりございませんでしょうか?

残暑お見舞い申し上げます

 気温35度越えがざらになっており、異常から普通になるのでしょうか?

 さて、暑い日が続きますと食が進まず、のど越しの良いそうめんなどを食べたくなります。そこで「そうめんとひやむぎはどう違うの」という記事が新聞に書いてありましたので紹介します。

 そうめんの起源は中国の「索餅」(さくへい)が起源で、奈良時代に今の奈良県に伝わったそうです(三輪そうめん)。室町時代には「そうめん」と呼ばれたという事です。そうめんは、西日本からお伊勢参り行く人が奈良を通る際に持ち帰り広まったそうです。反対に東日本からお伊勢参りに行く人は、奈良を通らない為に伝わらなかったそうです。

一方「ひやむぎ」の起源は、室町時代の「切り麦」。小麦粉を練って伸ばし包丁で切って作り、温めたものを「あつむぎ」、冷やしたものを「ひやむぎ」と呼んだそうです。製法や太さは「蕎麦」に近く、そうめんと、めんを細く延ばす技術が伝わらなかった東日本に定着したそうです。品質を揃えるために1968年にJAS規格で規格を定め

そうめん 長径1.3mm未満

ひやむぎ   1.3mm以上1.7mm未満

うどん    1.7mm以上

きしめん 幅 4.5mm以上厚さ2mm

但し手延べ製法の場合、太さが1.7mm未満ならそうめんとひやむぎどちらを名乗ってもいいと決まっているという事でした。涼しい食べ物で、暑い夏を乗り切ってください。

まだまだ残暑厳しい折ではございますが、体調管理にはくれぐれもお気をつけてお過ごし下さいますようお願い申し上げます。

今後ともヤマエ製品宜しくお願い申し上げます。

                                   工場長


トラックバックURL :
http://www.yamae-foods.net/tb.cgi/5449